養育費をもらいたいなら公正証書を!

公正証書

 

養育費を絶対にもらいたいのなら、離婚の際に公正証書を取っておくことが不可欠です。
若い世代の女性に見受けられますが、夫と一日も早く別れたいとの気持ちが強く、慰謝料や子供の養育費の取り決めをあいまいにしたままで、公正証書を作成せずに離婚届を提出してしまうことがあります。この養育費に関する公正証書を取っておくことで養育費の不払いや未払いを防いだり、回収を確実にすることができます。

 

公正証書は、執行機関が強制執行をするときに基本となるもので、債権者に債権が存在することを公的に証明した文書のことで、執行名義とも呼ばれます。簡単に言うと「離婚に際して父親の●●さんは毎月●万円を子どもが大学を卒業するまで遅滞なく支払う約束を交わしましたよ!」という証拠書類で、債務の名義が明確になっている書面になります。

 

公正証書には、確定した給付判決や仮執行宣言付給付判決(仮執行宣言)、支払督促、調停調書、和解調書、執行証書などが代表的なものとしてありますが、難しいことは置いておいて、養育費を絶対にもらいたいのなら欠かせない文書であることを覚えておきましょう。

 

では、早く離婚したいからと公正証書を取らずに別れた場合、後から公正証書を作成することは可能なのでしょうか?
答えはイエスです。
ただし、離婚時の口頭での同意や約束が反故にされることが少なくないため、条件についての合意が成立せずに公正証書の作成ができない心配がありますから慎重に対応したいものです。

 

また、覚書や念書、誓約書、確認書などの債務の名義が取れている書面があれば、公正証書がなくても養育費をもらえる可能性は高いと言えます。しかし、公的な証明書ではないこともあって、いくつかの手続きや段階を踏む必要があり、専門知識がない素人ではなかなか難しいのが事実です。
より早く、より確実に養育費をもらいたいのであれば、弁護士へ依頼し、必要があれば法的手続きを取ってもらうことでスムーズに進めることができます。

 

 

厚生労働省がまとめた2011年度の「全国母子家庭等調査結果報告」によると、離婚を原因とする母子家庭のうち、父親から養育費を受け取っているのは全体の19.7%に過ぎません。つまり、8割は養育費をもらえていないことになります。
同調査によると、母子家庭の推計数は123万世帯に上っており、そのうち約8割が離婚を原因とする母子家庭。
また、平均世帯年収は291万円に留まり、45.8%が「家計」に困っていると回答しています。

 

 

チェック

養育費

 

養育をもらいたいのに払ってもらえない現実に直面したとき、弁護士へ相談・依頼することは正しい選択です。
しかし、収入の少ない母子家庭にとって、相談料や着手金、報酬などの出費は経済的に大きな負担になってしまいます。シングルマザーであっても、母子家庭でも、安心して養育費の相談ができ、きちんともらえるようになるまでは費用のかからない法律事務所はないか?とそんな都合の良い弁護士を探してみたところ・・・たったひとつだけありました!

 

詳しい内容はイストワール法律事務所養育費回収の案内を見てもらえばわかると思いますが、ここなら当面の費用負担ゼロで養育費を回収してもらえ、約束の期間を終えるまで毎月安定して養育費をもらい続けることができるようになります。
あなたが安心して子どもを育て上げるために、この弁護士事務所を利用する価値はあるのでは…と思います。

 

養育費の請求に関するリスク

養育費

養育費の支払いについて公正証書や覚書、念書などの証拠となる書面を取っておいたにもかかわらず、突然に養育費が不払いになることは少なくありません。
とくに公正証書を取っておいた場合には「払ってもらえなくなったら、強制執行ができるから大丈夫だわ!」と安心しがちですが、実際に強制執行や取立て、回収などを行うには煩雑な法的手続きを踏む必要もあり、右から左へとなかなか簡単に行くものではありません。
これが養育費の請求につきまとうリスクのひとつです。

 

だからと言って、子どものための養育費をもらえないのはあまりに不合理です。行政の相談窓口や公的機関に相談するのも手段のひとつですが、手間と時間などのコスパを考えたら、養育費問題に精通した弁護士へ一任することが、スピーディでより確実に満足できる結果が得られる最善の方法だと思います。

 

もしも、あなたが元夫と約束した養育費をもらいたいのに払ってもらえないのであれば、一度、養育費の回収や取立てに詳しい法律事務所へ無料相談だけでもしてみてはいかがでしょうか…!?

 

相談料無料!着手金0円!費用ゼロの成功報酬制採用!

イストワール法律事務所の案内を見るだけ見てみる

↓↓↓

養育費の専門家イストワール法律事務所 養育費プロモーション

養育費をもらえるのは何歳まで?

養育費いつまで

 

離婚の際に養育費をいつまで払うのか?あるいは、いつまでもらえるのかは問題になるところです。離婚で夫婦は他人同士になっても、親と子の関係は変わるものではなく、未成年の子がいる場合には父母として扶養する義務があります。
たとえば妻が子を引き取って育てるならば、夫は監護養育しなくてもいい代わりに、妻は子供の生活費である養育費の負担を夫へ要求することができます。

 

さて、その養育費ですが未成年の子どもが何歳になるまでもらう権利があるのでしょうか?
一般的には二十歳の成人を迎えるまでという説が有力ですが、高校卒業まで、大学や専門学校卒業までという説もあります。最近は大学へ進学する人も多く、大学卒業時までというケースが増えています。

 

また、「養育費は子供が未成熟子である間は支払う義務がある」とも言われています。要は経済的な自立ができていなくて、第三者による扶養を受ける必要がある間は養育費をもらえるとするものです。

 

養育費の役割は、子どもが最低限の生活ができるための扶養義務ではなく、それ以上の内容を含む「生活保持義務」にあると言われます。生活保持義務とは、自分の生活を保持するのと同じ程度の生活を子供にも保持させる義務のことです。
つまり、養育費は非監護親(払う側の親)が暮らしている同様の生活水準を子どもが保てるように支払っていくものであるということです。
さらに、「生活が苦しいから払えない」という理由で支払義務を免れるものではありません。
親は、自分の生活水準を落としてでも払う必要があるお金なのです。

 

 

養育費の相場は?いくらもらえる?

養育費相場

養育費はいくらもらえるのか…?基本的には夫婦もしくは代理人同士で話し合い、協議の上で決定します。しかし、協議で金額が決まらなければ調停で話し合い、それでも不調に終わった場合には、審判、あるいは訴訟において裁判官に決めてもらうことになります。

裁判官は払う側ともらう側に基礎収入の認定をはじめ、負担能力の有無、子どもに充当されるべき生活費などさまざまな見地から検討して金額を決めますが、時間がかかり過ぎる弊害もあるため、養育費算定表を使って金額を割り出すようになっています。

 

養育費算定表は、一定の計算式のもとにもらう側である権利者と払う側である義務者の収入や子どもの人数、年齢などに応じて標準的な養育費を簡単に算出できるようにしたもので、一般的には養育費の相場として広く利用されています。
養育費算定表はこちら

 

平成22年のデータによると、子どもの数が一人の場合は4万円以下〜6万円以下が全体の65.5%を占め、二人の場合は4万円以下〜6万円以下が全体の59.4%となっています。

養育費と再婚

再婚

 

「養育費をもらっていますが再婚するともらえなくなりますか?」と心配顔で聞くシングルマザーが少なくありません。

 

A子さんが元夫の不倫が原因で離婚して3年。二人の子どもはA子さんが引き取り、養育費として毎月6万円をもらっていました。そんなA子さんに新しい恋人ができ、子どもも懐いていることもあって再婚を意識するようになりました。ただ、A子さんとしては、これまでもらっていたお金が再婚することでもらえなくなるのでは…と心配しています。
結論から言えば、再婚しただけで元夫からの養育費がもらえなくなることはありません。再婚しても、これまで同様にもらうことができます。
ただし、A子さんの二人の子どもと再婚相手の男性が養子縁組をした場合は、これまでどおりにはいきません。それは、養子縁組をすると法律上の父子関係が成立することになり、再婚相手は第一扶養者となって、養育費を負担しなければならなくなります。

 

また、こうした場合でも、子どもと元夫の父子関係は消滅しないため、元夫には引き続き支払いの義務はあるものの第二扶養者となってしまいます。養子縁組をした再婚相手の男性に相当の収入があり、離婚時よりも母子が裕福になった場合には、元夫は養育費の減額もしくは免除を要求できるようになります。

 

さらに、再婚相手が二人の子供と特別養子縁組をした場合には、元夫である実父と子供の親子関係は切れることになり、実父には養育費を払う義務はなくなります。

 

■特別養子縁組
養子縁組において、養子と実方の父母および血族との親族関係を法律上終了させる縁組。原則として六歳未満の子について、子の利益のために特に必要があると認められる場合など一定の要件の下に、家庭裁判所の審判により成立する。民法改正により1988年(昭和63)から認められた。 (三省堂・大辞林より引用)

 

養育費は子どもの扶養のためのお金ですが、現実的には母子家庭にとって生活を維持するための貴重なお金にもなっています。数字、算定、必要、子供、方法、金額、ビュー、多く、口頭、具体、慰謝料、財産分与、調査、仕方、よう、納得、重要、理由、交渉、教え、信憑性、お金、説明、自分、父親、請求、面会交流、統計、算出、説得力、協議、生活、母親、もの、基本、定期、日常、家計簿、発表、説得、記事、場合、大学、シングルマザー、養育、それ、継続、慰謝、理想、証拠、子育て、絶対、不安、こども、あなた、心理、夫婦、参考、面会、詳細、今回、ご覧、考え卒業、どれ、相手、家庭、失敗、ポイント、自立、提示、対策、管理人、監護、会社、ところ、再婚、関係、後悔、旦那、余裕、嫌い、理解、当たり前、使用、児童扶養手当、事由、時期、普段、仕事、年収、絶大、効力、給与所得、不払い、義務、離婚届、書類、話合い、相場、支払い、物事、まとめ、学費、専業主婦、口約束、上司、ダメ、希望、必要性、書面、取り決め、可能、不倫、浮気、費用、情報、反対、出生、家計、離婚調停、やりくり、発信、知識、根拠、事務所、法務、専門、食費、熟年離婚、自己紹介、プラスアルファ、要件、妥当、一番、役割、感性、理性、発熱、無駄遣い、高熱、交際費、毎月、感覚、傾向、出費、予測、ムダ、将来、シュミレーション、一般企業、主婦、上手、代表、文部科学省、学習、節約、日々、教育、内閣府、政策統括官、中学、医療費、生活用品、データ、信頼、インターネット、検索、取得、得度、事実、把握、分からん、言葉、感情、大事、大切、門前払い、了解、ここ、基礎、減額、増額、以外、ストップ、事態、茶飯事、確保、ベスト、実績、作成、販売、強制執行、回収、事業計画、新規、目標、上記、並行、売上、自体拒否、無理、都合、会いたい、約束、適当、継続的、交流、人格形成、大切なこと、母子家庭、信用、一円、簡単、手助け、幸い、ツイート、ボタン、材料、関連、一覧、低下、信頼関係、二人、負担、時効、主張、疑問、答え、未来、将来、影響、別に、破綻、嫁姑、問題、退職金、相当、教科書、生命保険、制服、入学、夫婦喧嘩、確認、進学、高校、中学校、対応、回避、行動、程度、勢い、修復、婚姻、可能性、反映、依頼、経費、性格、不一致、月額、扶養、法定、清算、特有、財産、保持、計算、評価、権利、くせ、決断、判断基準、順序、メリット、動機、ランキング、違い、文例、原因、モデル、タイミング、事情、低額、獲得、命綱、期間、今後、無料、現実、状況、最短、実現、テーマ、長期間、ホーム、提出、講座、年金分割、年金、半分、セックスレス、同意、戸籍、対処、運動会、入学式、卒業式、進学、就職

更新履歴