養育費公正証書の代わりになる書類とは

公正証書

 

養育費を確実にもらいたいのなら公正証書が存在すると強い武器になりますが、『離婚給付付公正証書』を取るには時間も費用も必要になります。
ただし、時間と費用がかかったとしても、公正証書を取っておくことで、裁判での判決を経なくても公正証書が証拠となって、差し押さえなどの強制執行を行うことができるメリットがあります。
これが、公正証書の最大の強みになるわけです。

 

しかし、夫のDVや不倫、浮気、借金癖などで一日も早く離婚したいと希望している場合には、公正証書を取らないままに離婚するケースも少なくありません。

 

では、公正証書がなければ養育費はもらえないのでしょうか…!?結論から言えば、公正証書があることがベストですが、誓約書や覚え書、念書、確認書、協議書など、夫側が「私は養育費を払います」という証拠になる文書があれば、それを証拠として養育費を受け取ることができます。

 

不払いの養育費をもらいたいと弁護士さんへ相談するシングルマザーに対して「公正証書がなければ、依頼を受けられません」と拒否する法律事務所が多くあります。
しかし、公正証書がなくても誓約書や覚え書、念書、協議書、メモ書きなど何らかの証拠となる書面があれば、養育費の未払い問題に関して積極的に取り組んでくれて、子どもが社会へと飛び立つまで安定的に養育費を取り立ててくれる弁護士さんも存在しています。

 

 

「公正証書がないので養育費はもらえない(泣)」と泣き寝入りするのはやめましょう!
たちえ公正証書はなくても、養育費の支払いに関して何らかの取り決めをした書面があるのなら、養育費の回収や取り立ては決して困難ではないのです。

 

この法律事務所では、養育費の相談は完全無料です。だから、遠慮しないで相談しましょう!
だって、我が子の将来のためなんですよ!まずは母子家庭やシングルマザーの苦労を知るイストワール法律事務所の養育費回収サービスを覗いてみてはいかがでしょうか!?