養育費をもらいたいなら弁護士選びは慎重に

 

養育費をもらいたい母子家庭にとって、払わない元夫との交渉代理人となってくれたり、公正証書に基づいて強制執行などの手続きを進めてくれる弁護士さんは頼りになる存在です。

 

しかし、「弁護士さんなら誰でも同じでしょ!」と思って、安易に相談・依頼してしまうと後々で不利益を蒙ることになるリスクを背負うことになります。
たとえば、離婚の調停や裁判に関する知識はあるけど、養育費の交渉や回収、取り立て、強制執行などの実践経験がない弁護士さんは意外に多いと言われています。

 

養育費というお金が絡むだけに、母子側が「養育費をもらいたい」と訴えても、養育費を払いたくない相手は必死になって抵抗してくる可能性が少なくありません。
こうした修羅場のような場面において、経験がなかったり経験不足の弁護士さんでは、もらえて当然の養育費でさえ回収できなく可能性や減額せざるを得なくなることがゼロではないのです。

 

また、所得の少ない母子家庭の経済環境に疎く、「相談料は●●円、着手金は●●円、報酬は●●円…」と機械的に請求してくる弁護士さんでは、依頼人であるシングルマザーの個別事情に即した交渉ができるとは思えません。

 

 

弁護士さんへ相談もしくはお願いしたいと思っているのは、専門的な知識も持たず、経済的にも困窮しがちな母子家庭を支える資力や年収の少ないお母さんです。
ですから、最低でもシングルマザー家庭の実情を把握していて、養育費に関する相談は無料で対応してくれ、成功報酬についても柔軟に対応してくれる法律の専門家を選ばなければなりません。

 

以下の弁護士さんは養育費問題に精通し、母子家庭の実情に合った養育費回収サービスを提案してくれています。養育費をもらいたいのなら、とりあえず内容だけでもチェックしてみてはいかがでしょうか!?

↓↓↓

イストワール法律事務所の養育費回収サービス