養育費は子どもが自立するまで必要なお金

養育費

 

「なんで別れた嫁のために養育費を払わなくちゃいけなんだ!?」と言って、養育費の不払いを続ける人が多く見られます。その大きな理由が、元夫側が養育費の意味や意義を理解していないことにあります。
養育費は子どもを監護・教育するために必要なお金です。
未成熟子(経済的・社会的に自立していない子)が自立するまで要する費用で、生活に必要な経費、教育費、医療費などと定義づけられています。

 

夫のDVや夫婦どちらかの不倫や浮気などの原因でいがみ合い、離婚へ至った夫婦ほど離婚後に元夫側から養育費の不払いや減額請求、滞納を繰り返すことが起こります。

 

元夫にすれば、払ったお金が元妻に使われるのが腹立たしいという気持ちになるみたいです。
しかし、養育費は別れた妻のためのお金ではなく、血肉を分けた我が子が自立するまでに使われるお金なのです。また、未成熟の子どもに対する養育費の支払義務(扶養義務)は、親の生活に余力がなくても自分と同じ生活を保障しなければならない強い義務(生活保持義務)を持つものだとされています。そのため、仮に自己破産をした場合でも、子どもの養育費の負担義務はなくなることはないのです。

 

 

平成23年の民法改正により、離婚の際に夫婦が取り決める事項として面会交流及び養育費の分担が明文化されました。
また、平成15年4月に母子及び寡婦福祉法(平成26年4月母子及び父子並びに寡婦福祉法に改正)において扶養義務の履行が規定され、養育費支払いの責務等が明記されています。

 

この世に生を受けた子どもに親としてその生活を保障し、心の成長を支えることは当然の責任です。養育費の支払いは、親として子に対する責任を果たす最低の義務であると同時に、別れて暮らす親と子を結ぶひとつの絆であり、親子であることの証になるものなのです。

 

 

離婚で夫婦の縁は切れたとしても、血のつながりのある親子の絆はいつまでも切ることはできません。
養育費は、子どもが自立できる時まで子どもの生活をサポートする大切なお金です。養育費を払う側は負担に感じるかもしれませんが、子どもが自立して「長い間養育費をありがとうございました」と感謝された時、「苦しい時期もあったけど、頑張って
養育費を払い続けてきて本当に良かった」という声が多く寄せられています。

 

離婚の理由はそれぞれの夫婦で異なっても、子どもに罪はないのです。養育費の意味や意義を、払う側、受け取る側ともにあらためて考えてほしいと思います。

 

 

養育費の回収や取り立てからきちんと払ってもらう方法など、養育費に関して詳しく知りたい場合には、まずはトップページからご覧ください。